• トップページ
  • アイテム別オーガニックコスメ
  • 国産・海外のオーガニックコスメ
  • オーガニックコスメの選び方
  • 有名人・サロン愛用オーガニックコスメ 口コミ
オーガニックコスメ オーガニックコスメの選び方 ノンケミカルオーガニックコスメ

ノンケミカルオーガニックコスメ

一覧ページに戻る

ノンケミカルとは?

ノンケミカルコスメという言葉は、化学的な物質が入っていない化粧品のこととして、広く知れ渡っていますが、そもそも、化学物質を扱っている業界では違った事を意味しています。
日焼け止めの商品にノンケミカルの文字があった場合は、紫外線を化学的に抑える吸収剤を使わずに、物理的なもので抑える紫外線散乱剤を使って、日焼けを制御することを意味しています。
どちらにせよ、化学的にというところは否定されますので、ノンケミカルという言葉で正しいのですが、オーガニックコスメに使われる言葉、ノンケミカルは、その文字通り、化学的物質は使われていないと言う意味になります。
合成添加物が使われていない無添加であることが、ノンケミカルの意味する所で、最近コスメの業界でも一般的にこの言葉が浸透しつつあります。

ノンケミカルとオーガニック

ノンケミカルと言われるコスメの基準は、界面活性剤や防腐剤が入っていないというところにあるようです。
それなら、オーガニックコスメも同じと言う事になると思い勝ちですが、実はオーガニックには厳しい判断基準があるのに対して、オーガニックコスメの基準はまだ確立されていいない所が多いので、とんだ落とし穴にはまってしまう事が予想されます。
化粧品として販売するに当たって、石鹸などはよく汚れが落ちるように、界面活性剤が入れられている事があります。
界面活性剤の多くは合成界面活性剤として、人工的に極わずかな天然素材を原料に作られています。
自然界にも界面活性剤は存在していて、身近なものでは卵がその例です。
油と水分を上手く融合させる為に使われている例としては、マヨネーズがいい例で、混ざるはずがない油と水分を乳化させながら混ぜ合わせる事ができます。
他にも、天然の界面活性剤は、昔石鹸として使われていたサポニンやレシチンがそれに相当します。
その事から考えると、ノンケミカルオーガニックコスメであれば、無添加で防腐剤も使っていないコスメとして、安心して使う事ができます。

ページトップへ

口コミ・評判ランキング

KOTOSHINA(コトシナ)WEBサイト
9点

ジョンマスターオーガニックは、ニューヨークのサロンから始まったブランドです。 サロンで認められるほどの、実力を持ったオーガニックケアブランド。 今ではアメリカから世界中での愛用者がいるのが特徴です。

オーガニック化粧品の詳細を見る
>> ジョンマスターオーガニックのオーガニック化粧品の詳細を見る

7点
口コミで話題のCCクリームとは??

ベースメイクとして使用されているCCクリームですが、CCクリームは似たような名前のBBクリームと違い、始めからメイクの下地に使うクリームとして開発された物です。様々なメーカーが販売しているCCクリームですが、そんなCCクリームの口コミ評判を掲載しているのがこちらのサイトです。

オーガニック化粧品の詳細を見る
>> 口コミで話題のCCクリームの詳細を見る

6点

炭酸を用いた『炭酸ミスト』化粧水が最近人気が高まっています。炭酸は肌への浸透力が高いため水分補給がスピーディーな他にも血行に働き掛けるので、新陳代謝の活性化にも効果を発揮してくれます。そんな炭酸ミストを口コミ評判を元にランキング化しているのがこちらのサイトです。

オーガニック化粧品の詳細を見る
>> 炭酸ミストの詳細を見る

第一位のオーガニック化粧品

アイテム別オーガニックコスメ

国産・海外のオーガニックコスメ

オーガニックコスメの選び方

有名人・サロン愛用オーガニックコスメ 口コミ


ページトップへ